悲しみジャニーβ版

ジャニヲタになるつもりじゃなかった飽き性こじらせBBAがジャニーズ楽曲についてひたすら壁打ちするよ!

2015/05/06放送「ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD」で流れたジャニーズ曲一覧

 

■毎週水曜日20:00~24:00に放送されている「ミッツ・マングローブオールナイトニッポンGOLD」にて、「ゴールデンウィーク最終日!今夜は2時間まるまるジャニーズ祭り!」と題してジャニーズ曲の特集が行われた。私は生放送こそ聴き逃したが、Podcastにアップロードされているものを聴いた(楽曲OA部分は全てカットされている)。取り急ぎ、ミッツ評と共にOA順にリストアップした。何かしらの参考にして頂ければと存じます。

 

00. 少年隊 / 仮面舞踏会
(ミッツ評:特になし)
01. SMAP / DON'T CRY BABY
(ミッツ評:特になし)
02. TOKIO / LOVE YOU ONLY
長瀬智也の表現力は凄まじい。アイドルのデビュー曲としてすばらしい
03. KAT-TUN / Real Face
ジャニーズ史上最強のデビュー曲。後にも先にもこの完成度はない
04. KinKi Kids / 雨のMelody
聴いていて切なくなるのがKinKi Kidsの真骨頂
05. タッキー&翼滝沢秀明) / キ・セ・キ
カラオケで歌うと、ミッツが失った男としての何かを取り戻すような感覚になるらしい
06. 光GENJI / Diamond ハリケーン
短期間で社会現象を巻き起こし、時代に寄り添ったアイドルはいない
07. Kis-My-Ft2 / SHE! HER! HER!
光GENJIのローラースケート演出を継承したアイドル。光GENJIが光とGENJIに分かれたように、フロント3人と舞祭組で分かれるシビアな現実を受け入れたり抵抗したりしながら応援するのも一つの醍醐味。ローラースケートを用いたライブが素晴らしい
08. V6 / 微熱のWoman
ジャニーズグループの完成形。坂本・井ノ原の哀愁漂うボーカルと、森田・三宅の声変わりしたてのハイトーンボーカルが混じじると、V6しか出せないボーカルが誕生。それが切なさを駆り立てる
09. NEWS / 紅く燃ゆる太陽
10. NEWS / フルスイング
山Pがいた頃はミッツにとって「山下智久 with NEWS」という認識。4人になった時に100%純度の高いNEWSになった
11. Sexy Zone / Lady ダイヤモンド
馬飼野康二先生とジャニーズは切っても切り離せない作曲家。この曲も馬飼野康二先生の腕が振るわれた名曲。危ういくらいの高音のボーカルからジャニーズらしさを感じる
12. NYC / 勇気100%
馬飼野康二作品の中でもジャニーズクラシックとして世間に浸透している名曲。93年にリリースされた曲が世代を超えて愛されるケースはなかなかない
13. シブがき隊 / 100万粒の涙
三人組つながりでシブがき隊。「メンバーカラー」を初めて導入したアイドルグループ。
14. 少年隊 / 君だけに
15. 嵐 / a Day in Our Life
VS嵐の収録中、セットチェンジの合間に前室で松本潤が少年隊のコンサート映像を観ていた。コンサート演出について研究するジャニーズメンバーのそばにいられたのは貴重で贅沢な体験
16. Hey! Say! JUMP / SUPER DELICATE
「僕には君にしか見せられない顔がある」。この歌詞を歌えるのはアイドルだけ
17. SMAP / Mistake!
ショウビズ界、芸能界、アイドル界、音楽界、ジャニーズ界、いろんな業界の歴史を作ったグループ。時代をまたいで誰もが口ずさめるヒットソングを多数持っているのは凄い
18. V6 / グッデイ!!
(ミッツ評:特になし)

 

■オンエアを聴き逃した方へ。以下でも無料で聴けます。