悲しみジャニーβ版

ジャニヲタになるつもりじゃなかった飽き性こじらせBBAがジャニーズ楽曲についてひたすら壁打ちするよ!

せんせーションズ『殺せんせーションズ』通常盤 レビュー

■CDはアイドルグッズじゃねえぞ! 一体どれを買えばいいんだよ! とキレるあまり予約し損ねてしまい、後日Amazonで購入したHey! Say! JUMP紛いのグループの新曲。久しくCDをレコード店で買っていない。昔はヴァージンメガストアに足繁く通ったものだが、世界的な音楽業界不況によりヴァージンも日本から撤退し、あんまり通わなくなった。タワレコ新宿がアイドルのインストアイベント聖地になっているらしいので、その内行きたいと思っている。そういやHey! Say! JUMPもツアーやるんですよね。BBAが参加したところで浮くだけだろうが、しかし今からファンクラブに入ろうなと悩む程度には行ってみたい。

 

■さて、新曲の感想だ。暗殺要素がメタルで、渚きゅんのかわいらしさや中学生設定がポップなメロとして具現化されているのだろうか。余計な推察はさておき、結論から申し上げるならば「この曲、エロゲのオープニング曲じゃないの?」の一言に尽きる。ユーロビート×メタルというまさかの組み合わせが超ど級ポップに仕上がっているからこそ、ユーロビートの代名詞とも言えるアタックの強いシンセサイザーといい、縦ノリのメロといい、いい意味で騒がしいアレンジといい、こう、アニメソングっぽくもあり、それ以上にエロゲのオープニング曲っぽさを感じずにはいられないのだ。そのためか、ミュージックビデオがもうエロゲのオープニングにしか見えない。縦に9分割された画面に9人分のバストアップ写真が映された00:18前後は笑いをこらえるのに難儀した。救いはメインボーカルの山田涼介さんがアニメ声ではないことだろう。これでメインボーカルが女性の萌え声であれば以下略。